パセドウ病が原因で目の下にクマができることがある

目の下にクマができることも!?パセドウ病はこんな病気

パセドウ病というのは甲状腺の疾患の一つで、甲状腺ホルモンが過剰に分泌されてしまうことが原因で起こる病気ですよ。

 

甲状腺 

 

症状としてよく知られているものには、眼球が飛び出したようになってしまうというものがありますが、これは眼球の周りの筋肉や脂肪などが炎症を起こしてしまうために、目の圧力が高くなってしまい、そのために眼球が外に出たような症状が現れるというメカニズムで起こります。

 

パセドウ病というと眼球が飛び出すという症状だけが知られていますが、目の周辺の皮膚が引っ張られることで伸びてたるみ、目の下にクマを作ってしまうことがありますよ。

 

パセドウ病が進行すれば、目の下のクマよりも眼球が飛び出していることを自覚し、誰でも病院に行きますが、初期の頃には眼球の突出を自覚していなくても、クマがひどく改善しないという症状を先に自覚することがあります。

 

パセドウ病が原因でできる目の下のクマは、皮膚のたるみによって目の下に影ができる状態なので、黒っぽく見えるという特徴がありますね。

気になる症状を自覚したらすぐに病院へ

目の周辺の皮膚が老化によって垂れてしまい、目の下に影を作るという症状は、年齢を重ねれば誰でも起こりやすいものだと思いますね。

 

目の下のクマ 

 

しかし、この老化現象は、30代や40代では起こるものではなく、60代や70代以降でなければ起こりにくい症状ですよね。

 

40代の私でも、寝不足でクマができてしまうことはあっても、皮膚が老化によってたるんで影を作るということはまだまだありませんし、夫は50代ですが、そうした症状はまだ起こっていません。

 

でも実家の父は70代で、皮膚のたるみによる黒っぽいクマができているので、そのぐらいの年齢になるまではこのタイプのトラブルは起こりにくいのだと思いますね。

 

甲状腺 

 

もしも30代や40代ぐらいの年齢で、目の下に茶色っぽいわけでもなく青いわけでもなく、なんとなく影ができているようなクマができている場合には、少しだけ様子を見て改善しなければ、万が一のために病院に行くことをおすすめしますよ。

 

もしかしたらパセドウ病の初期症状が出ているのかもしれません。早期発見と早期治療をすれば、クマもしっかり治療できますよ。


関連ページ

目の下のクマができる原因とクマの種類について
目の下にクマができる原因とクマの種類について。30代になってから急に目の下にクマができた!という話はよく聞きます。目の下のクマはメイクでうまく隠したり、できるのを予防することはできるのでしょうか?クマは肌トラブルの中でも比較的改善しやすいお悩みです。
目の下に青クマができる原因!どうしてできるの!?
目の下に青いクマができてしまうのはどうしてなんでしょうか?主な原因は血行不良だと言われています。血行が悪くなると、血管の色が透けて見えてしまって、それが青いクマとなってしまうわけですね。では血行不良になってしまうにはどんな原因があるのでしょうか?
目の下に茶クマができる原因!これってシミなの?
目の下に茶クマができてしまう主な原因は色素沈着だといわれています。色素沈着は簡単に言ってしまうとシミですね。色素沈着は日焼けなどの紫外線以外でも、目の下を擦り過ぎたりすることでも起きます。一度茶クマが作られてしまうと大変なのでしっかり予防しましょう。
目の下に黒いクマができる原因!これって消せるの?
目の下にできるクマに黒っぽいものがあります。色が濃いだけにお肌の老化現象!?実は目の下の皮膚にハリが無くなってくると、たるんだ部分が影になって黒いクマを作ってしまうんです!ある意味、お肌が老化している証拠ですね。メイクで隠すのが大変なクマでもあります。
目の下のクマは鉄欠乏性貧血が原因かも?
目の下にクマができてしまう原因の1につ鉄欠乏性貧血があります。目の下のクマは寝不足などの不摂生も原因となりますが、病院での診察が必要なものもあるので注意しましょう。鉄欠乏性貧血の場合は食生活でかなり改善することができますし、薬で治療も可能です。
目の下のクマは肝臓や腎臓疾患でもできる!?
目の下のクマができる原因に、内臓の病気があります。肝臓や腎臓に疾患があると、体内に毒素や老廃物が溜まってしまうことから、目の下にクマができることがあると言われています。全ての目の下のクマの原因が内臓疾患ではありませんが、原因の1つになることがあります。
目の下のクマの原因はアトピー性皮膚炎かも
目の下にクマができる原因にアトピー性皮膚炎があります。アトピーになると、目の周りの皮膚に痒みかでることがあるので、無意識に掻いてしまってお肌が色素沈着を起こしてしまうことがあるんですね。この場合は、目の下のクマ対策と同時にアトピーの治療も必要になります。
目の下のクマはうつ病が原因ということもある!
目の下のクマができる原因の中にうつ病があります。うつ病は軽度のものもあるので自分では気がつきにくい場合もあるのですが、うつ病にかかると顔の血行が悪くなり、目の下にクマができることがあるんです。気持ちが落ち込む状態が長く続くなら要注意かもしれません。
目の下のクマは花粉症が原因の場合も!
目の下のクマを作ってしまうのは、花粉症が原因である場合もあります。花粉症はとにかく目がかゆくなるもの。擦ってはいけない!と思いつつも、無意識に擦ってしまうことってありますよね?その肌への刺激は色素沈着なり、目の下にクマを作ってしまうかもしれません。
目の下のクマは子供でもできるの!?
目の下にクマができるのは大人だけではありません。実は子供でも目の下にクマはできるものなんですね。生まれつき目が大きかったり、目の下の皮膚が薄いとちょっとしたことで目の下にクマができてしまう子供もいます。大人と違ってメイクで隠せないので対策をしましょう!

 
HOME 目の下のクマを予防する 目の下のクマを改善する 目の下のクマに効果的なもの