目の下にできる青クマの正体は血行不良が原因だった!?

目の下にできるクマにはいろいろな種類がありますが、その中でも多くの人が経験しやすいのが、青クマと呼ばれるものだと思います。

 

青クマ 

 

目の周辺の皮膚はとても薄く、人によっては皮膚の下に通っている血管が透き通って見えやすいという特徴がありますよね。

 

でも、健康な人なら血管が透き通って見えてしまうことは少なく、不健康になると汚れた血液を心臓へ運ぶための静脈の血行が悪くなってしまい、それが皮膚に透き通って青く見えてしまうことになります。これが原因ですね。

目の下に青クマを作る血行不良の原因はいろいろ

血行が悪くなると、目の下には黒ずみができやすくなりますから、クマを作らないためには血行が悪くなる原因を予防すればよいということになりますよね。

 

血行を悪くしてしまう原因はいろいろあり、私たちの日常生活の中にもいろいろな所に原因が潜んでいますよ。

 

例えば、疲れは大敵ですね。

 

青クマ 

 

全身が疲れていたり、睡眠不足でなんとなく今日は疲れているなという時や、デスクワークやパソコンワークで眼精疲労になっているなど、疲労にはいろいろな種類がありますが、疲れたなと感じると体内で活性酸素が大量に作られてしまい、血行が悪くなってしまいますよ。

 

また、デスクワークやパソコンワークなどで肩や背中が凝ったりしても、その部分の血行が悪くなってしまいますよね。

目の下に青クマができる原因は肩凝りやストレス、喫煙も!

肩や背中の血行不良と目の下のクマとあまり関係はないような気がしますが、体の中を流れている血管は心臓からスタートして全身を一周するので、どの部分もつながっています。

 

血行不良 

 

そのため、肩や背中の血行が悪くなると、必然的に目の下の血行も悪くなってしまい、それがくすみの原因となるのですね。

 

疲労以外にも、体内に活性酸素を作り出すストレスや喫煙なども、青クマの原因となりますよ。

 

さらに、年齢や生活習慣などによって目の周りの筋力が低下すると、その部分に血液が渡りにくくなってしまい、肌がくすみやすい肌環境を作ることにもなってしまいますね。

 

喫煙 

 

そういえば私は仕事をしているせいか、日常的にいつも疲れていることが多いですね。

 

疲れていても育児や家事、仕事などは待ってくれないので、自分を奮い立たせながら頑張るわけですが、体を休めて血行を改善すれば、きっと青クマともサヨナラしやすくなると思いますよ!


TOPへ