目の下にクマができちゃうかも☆でも花粉症はとにかくかゆい!

私は数年前に花粉症を発症してからというもの、冬の終わりから春の終わりにかけてはずっと目がかゆくて仕方ない毎日を過ごしてしますよ。

 

花粉症 

 

花粉症の症状の出方には個人差がありますが、私の場合には目が充血するということと、目がかゆくてたまらないという症状の2つがメインで、それ以外はほとんど症状が現れませんね。

 

私の息子も花粉症なのですが、彼の場合には鼻詰まりがひどいのと目がかゆいという症状があるので、親子でも花粉症によって現れる症状は異なるわけですね。

 

この季節になると、とにかく目がかゆくて、こすってはいけないと思いながらも、ついついこすりたくなってしまいますね。

 

花粉症 

 

しかし、花粉症は季節的なものなので、1日や2日でかゆみが治まるわけではありませんよね。

 

数か月間はほぼ毎日、痒くてたまらないわけです。

 

かゆいからと言って目をこすってしまうと、肌にとっては大きな刺激となって内側にメラニン色素が作られてしまい、黒ずみとかクマの原因となるので気を付けましょうね。

目の下にクマを作らないのは、とにかくこすらないことがベスト

この疾患はアレルギー性疾患なので、アレルギー体質を何とか改善することによって症状を改善したり予防することにもつながるのですが、体質的なものはなかなか改善できませんよね。

 

そのため、私がおすすめする治療法は、病院に行って症状をとめるお薬を処方してもらうという方法ですよ。

 

薬 

 

目の下のクマという点に限っていえれば、こすらなければ茶色っぽく色素沈着してしまう原因がなくなります。

 

つまり、こすらないですむ方法を見つけることが、花粉症による目の下のクマを予防する方法につながりますよ。

 

病院に行けば、アレルギー対応の目薬を処方してもらうことができますし、ドラッグストアとか薬局でも、かゆみ止めの目薬を見つけることはできますよ。

 

目薬 

 

コンタクトレンズをしていたりすると、定期的にかゆみ止めをさすことが難しいかもしれませんが、できれば花粉が飛び交う季節には、コンタクトレンズよりは眼鏡に切り替えて、いつでもニーズに応じて目薬がさせる環境を完備しておくことをおすすめしますよ。

 

こすらずに美白ケアをしていれば、色素沈着タイプのクマは少しずつ改善できますよ!


TOPへ