目の下に茶クマができる原因は色素沈着って本当?

目の下にできる茶色いクマって本当に嫌!

目の下がなんとなくいつも茶色っぽくくすんでいるという人は、もしかしたらそれは一時的に出来てしまったものではなく、色素沈着のように肌が内側から黒ずんでしまっているサインなのかもしれませんね。

 

目の下のクマ 

 

私は普段あまりアイメイクには力を入れていないのですが、友人の一人にアイメイクの達人がいて、小さなつぶらな瞳が嫌だといって、毎日時間をかけて別人レベルの目力アップメイクをしていますよ。

 

すっぴんになるとメイク時との大きな違いに詐欺ではないかと、友人ながらに驚愕してしまうほどのレベルなのですが、アイメイクを良くする人は、目の周りの肌にかける刺激や負担、摩擦などが大きいため、どうしても色素沈着が起こりやすくなってしまいますね。

アイメイクをする人ほど目の下に茶クマができやすいって本当!?

肌は刺激を受けると、体を守ろうとしてメラニン色素を作ります。

 

色素沈着 

 

メラニン色素と言えば紫外線を浴びて肌が日焼けするメカニズムをイメージしやすいですよね。

 

この場合には、紫外線を浴びることによって肌細胞がダメージを受け、そのダメージから体を守ろうとして肌細胞の内側にメラニン色素が作られてしまうということになります。

 

アイメイクをたくさんする人は、目の周辺の皮膚に触れる機会が多いので、茶クマができやすいということになりますね。

 

アイメイクをあまりしない人でも、目の下に茶色のくすみができてしまうことはあります。

 

花粉症 

 

例えば、花粉症などで目をこする習慣がついていると色素沈着を起こしやすいですし、アイメイクなどをしっかり落とさないと、それがつもり重なって色素沈着になってしまうことがあります。

 

また、日焼け止めを塗らずに無防備な日焼けをしている人も、目の下がドンヨリしやすいので注意したほうが良いと思いますね。

目の下の茶クマは改善しにくい!なかなか取れない色素沈着

色素沈着による茶クマは、一度できるとなかなか取れないというデメリットがありますよね。

 

茶色の原因はメラニン色素なのですが、これはクマだけでなくシミやそばかす、ニキビ跡などと同じで、色素系のトラブルとなってしまいます。

 

色素沈着 

 

肌の内側にメラニン色素がたまって起こっているトラブルなので、ピーリングやスクラブのように肌表面のお手入れをしても取ることはできませんし、根本的な改善をするためには肌のターンオーバーを促進して、内側から新しい肌細胞を作るサポートが必要不可欠ですよ。


関連ページ

目の下のクマができる原因とクマの種類について
目の下にクマができる原因とクマの種類について。30代になってから急に目の下にクマができた!という話はよく聞きます。目の下のクマはメイクでうまく隠したり、できるのを予防することはできるのでしょうか?クマは肌トラブルの中でも比較的改善しやすいお悩みです。
目の下に青クマができる原因!どうしてできるの!?
目の下に青いクマができてしまうのはどうしてなんでしょうか?主な原因は血行不良だと言われています。血行が悪くなると、血管の色が透けて見えてしまって、それが青いクマとなってしまうわけですね。では血行不良になってしまうにはどんな原因があるのでしょうか?
目の下に黒いクマができる原因!これって消せるの?
目の下にできるクマに黒っぽいものがあります。色が濃いだけにお肌の老化現象!?実は目の下の皮膚にハリが無くなってくると、たるんだ部分が影になって黒いクマを作ってしまうんです!ある意味、お肌が老化している証拠ですね。メイクで隠すのが大変なクマでもあります。
目の下のクマは鉄欠乏性貧血が原因かも?
目の下にクマができてしまう原因の1につ鉄欠乏性貧血があります。目の下のクマは寝不足などの不摂生も原因となりますが、病院での診察が必要なものもあるので注意しましょう。鉄欠乏性貧血の場合は食生活でかなり改善することができますし、薬で治療も可能です。
目の下のクマの原因はパセドウ病ということも?
目の下にクマができてしまう原因の1つとしてパセドウ病が挙げられます。パセドウ病は通常、目が飛び出してしまうと言われる病気ですが、目の周りの皮膚が引っ張られてクマができてしまうことも。大元は甲状腺の異常となりますので、専門医での治療が必要となります。
目の下のクマは肝臓や腎臓疾患でもできる!?
目の下のクマができる原因に、内臓の病気があります。肝臓や腎臓に疾患があると、体内に毒素や老廃物が溜まってしまうことから、目の下にクマができることがあると言われています。全ての目の下のクマの原因が内臓疾患ではありませんが、原因の1つになることがあります。
目の下のクマの原因はアトピー性皮膚炎かも
目の下にクマができる原因にアトピー性皮膚炎があります。アトピーになると、目の周りの皮膚に痒みかでることがあるので、無意識に掻いてしまってお肌が色素沈着を起こしてしまうことがあるんですね。この場合は、目の下のクマ対策と同時にアトピーの治療も必要になります。
目の下のクマはうつ病が原因ということもある!
目の下のクマができる原因の中にうつ病があります。うつ病は軽度のものもあるので自分では気がつきにくい場合もあるのですが、うつ病にかかると顔の血行が悪くなり、目の下にクマができることがあるんです。気持ちが落ち込む状態が長く続くなら要注意かもしれません。
目の下のクマは花粉症が原因の場合も!
目の下のクマを作ってしまうのは、花粉症が原因である場合もあります。花粉症はとにかく目がかゆくなるもの。擦ってはいけない!と思いつつも、無意識に擦ってしまうことってありますよね?その肌への刺激は色素沈着なり、目の下にクマを作ってしまうかもしれません。
目の下のクマは子供でもできるの!?
目の下にクマができるのは大人だけではありません。実は子供でも目の下にクマはできるものなんですね。生まれつき目が大きかったり、目の下の皮膚が薄いとちょっとしたことで目の下にクマができてしまう子供もいます。大人と違ってメイクで隠せないので対策をしましょう!

 
HOME 目の下のクマを予防する 目の下のクマを改善する 目の下のクマに効果的なもの