目の下のクマは大人だけの特許ではありません

目の下にクマができると、疲れているのかなとか睡眠不足なのかな、なんて考えることが多いですし、街を歩いている人を見ても子供では目の下がドンヨリしている子はほとんどいませんが、大人になるとドンヨリした人を多く見かけますよね。

 

だから、そうした目元のトラブルは年齢を重ねた大人にしか起こらない現象なのだと考えてしまう人は多いのですが、実際には子供でもクマができやすい子はいますよ。

 

目の下のクマ 

 

私の娘はそういう一人なのですが、目元がぱっちりしてギョロ目の夫に似ている娘は、小学校に上がる前から少し睡眠不足気味や疲れていると、目の下にくっきりと黒い影を作っていましたね。

 

最初はとても心配しましたが、夫自身がそうした体質だということで、今では少しぐらいのドンヨリぐらいではあまり気にしなくなりましたし、本人にもクマを改善する方法をいくつか伝授しているので、本人はそれを実行していますよ。

 

子供のそうしたトラブルは、遺伝なのか顔の形状によるものなのか、また肌質や体質なのかは分かりませんが、起こってしまうことは仕方ないので、大切なことはクマができたらどんな風に対処するかという対策方法を本人に伝えておくことだと思いますね。

アイクリームとコンシーラーを活用する

娘が通学する学校ではメイクが禁止になっているので、目元がどす黒いからといってメイクをすることはできません。

 

目の下のクマ 

 

しかし、普段のスキンケアまではNGというわけではないので、娘は毎日目元にはアイクリームを塗って軽くマッサージすることを心がけていますよ。

 

また、お風呂の中で湯船につかった時には、首の後ろをマッサージして頭部の血行を良くするようにしたり、長時間の勉強などは、こまめに休憩を取ってリンパのツボを押して血行不良にならないようにと心がけてもいるみたいですね。

 

娘は普段はメイクをして通学することはありませんが、お休みになるとお友達とメイクをして外出することがありますよ。

 

目の下のクマ 

 

その時には、目の下にはコンシーラーを塗って予防策を講じていますね。

 

メイクをする年齢とはいえまだまだ子供なので、疲れても無理を押して遊びたいのでしょうね。

 

そんな時にはコンシーラーはとても便利ですし、これは大人のメイクにも十分に使えるクマ対策だと思いますよ。


TOPへ