目が疲れると目の下のクマはできやすくなります

睡眠不足の翌朝などは、結構、目元にトラブルが起こりやすくなりますし、デスクワークやパソコンワークを長時間する人も、目元にトラブルが起こりやすくなりますよね。

 

眼精疲労 

 

目の下にできるクマも、そんな目元トラブルの一つなのですが、目が疲れて充血するのなら、なんとなく理解できても、なぜ目の下の肌がくすむのか、そのメカニズムが分からないという人は意外と多いのではないでしょうか。

 

デスクワークやパソコンをすると、目を酷使するので眼精疲労を起こしやすくなりますし、目の周りの血行が悪くなってしまいますよね。

 

そうすると、静脈の流れが悪くなって皮膚が薄い目の下に静脈が透けて見えるようになり、それがクマという症状となってしまうのですよ。

 

目の下のクマは放置すると茶クマに変わる!?

一時的にこの症状が出るだけなら、夜にグッスリ眠ったりすることによって翌朝にはすっきりと改善できるのですが、慢性的な眼精疲労を抱え込んでしまうと、血行が悪い状態がずっと続いてしまい、目の下に老廃物や毒素などがたまってしまいます。

 

目の下のクマ 

 

そうすると、それが肌細胞にとっては刺激となってしまい、メラニン色素が作られて茶色っぽいくすみが定着することになるのですね。

 

つまり、最初は一時的な目元トラブルでも、慢性化すると取れないクマになってしまうことがあるので、十分に注意しなければいけませんね。

 

できてしまってから改善するのは大変なので、できればできる前に予防してあげるのがおすすめですよ。

目の下にクマは作らない!眼精疲労を改善する方法

眼精疲労を改善する方法にはいくつかありますよ。

 

まず1つ目は、夜たっぷりと睡眠時間を確保するという方法ですね。

 

目の下のクマ 

 

眠っている間には新陳代謝が行われるので、眼精疲労や全身の疲労などがスッキリできます。

 

私はアラサーを超えてからは意識して夜の睡眠時間はたっぷり確保するように努めているのですが、よく眠った次の日にはやはり調子が良いですし、目元もスッキリしていますよ。

 

2つ目の方法は、目が疲れないように工夫するという方法ですね。

 

眼精疲労 

 

例えば、長時間目を酷使しないように休憩をこまめに取るとか、目元の乾燥を防ぐために加湿器や蒸気でホットアイマスクを使うなどの方法がおすすめですね。

 

3つ目の方法は、筋肉のコリを予防するという方法ですね。

 

眼精疲労 

 

肩や首はもちろん、目元も指の腹で軽くマッサージしてあげると、筋肉のコリを予防して目の下のクマの予防につながりますよ。


TOPへ