目の下のクマに効果が期待?ビタミンCは体の内側から抗酸化できる成分

抗酸化作用が高い美白成分と言えば、ビタミンCをイメージする人は多いですよね。

 

ビタミンC 

 

確かにビタミンCは、サプリメントとして高い抗酸化作用を持つ成分として人気がありますし、美白系のスキンケアなどにも配合されている成分で、メラニン色素を分解する働きがあります。

 

しかし、意外と知られていないビタミンCの特徴の一つに、体内から摂取する場合には抜群のメラニン予防作用があるけれど、スキンケアなどで肌の外側から塗ってしまうと、メラニン色素を作りやすいというものがありますよ。

 

知らなかった!という人は多いのではないでしょうか?

 

私自身も、ビタミンCを肌の上から塗ると色素沈着が起こりやすいというのは30代に入ってから知ったわけで、その前には抗酸化パックだと称してレモンのスライスを顔に乗せたりしていたものですよ。

 

シミ 

 

今から考えると、美白ケアのつもりが、逆に色素沈着しやすい肌質にしていただけだったのかもしれませんね。

ビタミンCを目の下のくすみやクマに塗るのはNG

ビタミンCには美白効果はありますが、目の下のクマに直接塗るような方法はおすすめではありませんよ。

 

目の下のクマ 

 

紫外線がそこに当たってしまうとメラニン色素が作られやすくなり、色素沈着タイプの茶色いくすみに発展しやすいからですね。

 

そのため、もしも目の下のくすみトラブルで何か美白成分を塗り薬として塗ったり、スキンケアで塗りたい場合には、ビタミンCそのものではなくて、体内に入ってからビタミンCが作られるビタミンC誘導体を選ぶと良いでしょう。

 

また、短期間で大きな効果を得たいなら、ハイドロキノンを使うという方法もアリだと思いますね。

 

それだけではありません。
色素沈着タイプのクマを予防する注意点としては、日焼け止めを目の下にも塗ってあげる習慣をつけるということがありますよ。

 

紫外線 

 

目の周辺はアイメイクをするので、比較的日焼け止めを塗り忘れやすい部位なのですが、できるだけしっかり塗ってあげたほうが、色素沈着を起こしにくくなります。

 

ファンデーションなどはUV入りのものを選んだり、外出するときには日焼け止めを欠かさずに使う習慣をつけてみてください。きっとくすみにくい目元になれると思いますよ!


TOPへ