目の下のクマに警報!紫外線は1年中降り注いでいます

紫外線予防対策というと、日差しが強い春から夏にかけてのみ必要なお手入れだと思っている人は多いですよね。

 

日焼け 

 

特に私が若かった時には、紫外線のリスクが現在ほど大きく言われていませんでしたし、小麦色の肌になることが女子の憧れという時代もあったので、無防備な日焼けをしていたものですよ。

 

子供の時には色白だった私にとっては、そのまま紫外線を浴びても小麦色にはならずに肌が真っ赤になってしまうため、小麦色の肌にするのにかなり苦労しましたが、大人になってからは顔にシミがたくさん浮上してきましたし、目の下にもなんとなく色素沈着っぽいクマが現れ始めました。

 

若い頃の無防備な日焼けの代償といったところなのでしょうね。

 

この紫外線は、ただ肌を日焼けするだけではありませんよ。

 

顔はファンデーションなどでカバーしているから紫外線の影響を受けないと考えるのは大間違いで、紫外線を浴びると肌が乾燥してダメージを受けてしまうので、内側では活性酸素が大量に発生してしまいます。

 

紫外線 

 

また、無防備な日焼けは数年後にシミを作ってしまうというトラブルにもなってしまいますよ。

 

紫外線対策は、日差しが強い季節だけではなく、年間を通して肌にダメージを与えているので、できるだけ季節に関係なく毎日きちんと紫外線対策をする事が、間接的に目の下のクマ予防にもつながるんですね。

目の下のクマも予防できる紫外線対策商品の選び方

日焼け止めには、クリームタイプやローションタイプ、またファンデーションの中に日焼け止め成分が入ったものなど多種多様なものがありますよ。

 

紫外線 

 

どんな商品が自分に合っているかは、ライフスタイルに合わせて選べばよいのですが、目元によく汗をかく人や涙を流すことが多い人なら、濡れても落ちないウォータープルーフタイプを選ぶのが良いですし、目力アップのアイメイクをする人なら、メイク前の基礎化粧品に加え、できるだけアイメイク用品もUV仕様になっているものを選ぶのがおすすめですね。

 

SPFが高いものを使っても、それだけで1日OKというわけではありませんし、SPF値が高くなると肌への刺激も強くなってしまうので、特に外出しない人ならSPF20~30ぐらいをこまめに塗り直してあげる方法が良いと思いますよ。


TOPへ