目の下のクマが予防できるって本当?アイクリームの役割

私も普段のスキンケアで日常的に使っているアイクリームには、目元の乾燥を防いで保湿してくれるという効果がありますよ。

 

アイクリーム 

 

目元は皮膚が薄くて乾燥しやすい部位ですし、笑った時に目尻に小じわができたりすることが多く、シワができやすい部位ですよね。

 

肌が乾燥しやすい人や、目元のちりめんじわが気になる人なら、アイクリームをつけることによって、ある程度は予防できると思いますよ。

 

それに、クリームを塗る時には、指の腹で優しく目元を刺激することになるので、それがマッサージ効果につながります。

 

マッサージ 

 

目の下にクマができてしまう原因の一つには、血行不良がありますが、マッサージすることで血行を良くすることができるので、血行不良が原因のクマは、アイクリームをつけるという作業で毎日少しずつ予防出来ていることになりますね。

アイクリームを使った目の下のクマケア

私のように普段からアイクリームを使っている人なら、少し使い方を工夫することで、目の下の気になる黒ずみを改善ケアとしても使うことができますよ。

 

アイクリーム 

 

美白成分が入ったクリームを使うのが理想的ですが、もともと目元は小じわができやすい場所なので、保湿成分とか肌をふっくらさせる成分が入ったものを使っている人が多いですよね。

 

あえて美白成分にこだわる必要はありませんが、クマをケアする目的でクリームを使うなら、美白成分入りのものが一押しですよ。

 

使い方はそれほど難しくはなくて、クリームを目元につける時には、目の下にもつけてあげて、軽くマッサージしてあげましょう。

 

力を入れてゴシゴシするのはNGなので気を付けてくださいね。あまりゴシゴシしてしまうと、摩擦や刺激によって黒ずみがひどくなってしまうことがありますよ。

 

優しくマッサージすることによって、血行を良くすることができるので、疲れやストレスなどによって血行が悪くなっている時にできやすい青っぽいクマを予防できますよ。

 

目の下のクマ 

 

それに、美白成分入りのクリームを使えばメラニン色素に働きかけてくれるので、茶色の色素沈着タイプのトラブルにも効果が期待できますよね。

 

どんなクリームでも、乾燥しやすい目元には効果はあると思うので、アラサーぐらいからはアイクリームを使ったお手入れを始めるのがおすすめですよ。


TOPへ