目の下のクマ改善法記事一覧

目の下は皮膚が薄いので、疲労やストレスなど血行が悪くなってしまうとすぐに静脈が皮膚に透き通って、皮膚の上から青く見えてしまいますよね。これが、青っぽく見えるクマの原因となるわけですが、このタイプのトラブルを改善する方法は、なんといっても血行を良くすることですね。人間は誰でも全身を血液が流れていますが、体温が温かければ流れは良くなりますし、体温が下がると必然的に流れも悪くなってしまいますよね。これは...

青汁と飲んで目の下の嫌なクマがスッキリなくなるなんて、どこがどう関係あるのか分からない!という人は意外と多いと思いますね。青汁というのは、ミネラルとかビタミンがたっぷり含まれている健康飲料のことで、生活習慣病を予防したり改善するために飲む人や、野菜不足とか美肌のために飲むという人が多いですよね。我が家でも、夫は野菜をあまり食べてくれないということと、少しメタボな体型ということで、10年以上前からず...

目の下にできてしまうクマにはいくつかの種類がありますよ。その中でも、肌細胞の内側にメラニン色素がたまっていることが原因でクマとなっている場合には、新陳代謝を活性化することによって、すっきりと気になる目の下のトラブルを改善することができると思いますよ。メラニン色素というのは、肌の内側の細胞にできるダメージで、分かりやすい所では日焼けが思い当たるのではないでしょうか。他にも、シミとかそばかす、肌のくす...

目の下にできるクマにはいろいろな原因がありますが、その中でもメラニン色素によって色素沈着となっているタイプの茶色っぽいクマで悩んでいる場合には、美白系のスキンケアで肌のお手入れをしてあげれば、時間はかかりますがスッキリ改善することができますよ。メラニンによる色素沈着トラブルは、目の下のくすみやドンヨリした感じだけでなく、シミなどもありますし、これらは美白成分がたっぷり入ったスキンケアを続けることに...

年齢を重ねると、誰でも肌のハリがなくなり、たるみやすくなりますよね。40代に突入した私は、そのことを身をもって実感しているのですが、毎日少しずつ肌がたるむのは、日常生活の中では気づきにくいものですね。そしてある日突然、「なんとなく私、老けたような気がする」と自覚するわけですね。私はまだ肌のたるみが目の下にクマのような影を作っているわけではありませんが、70代の私の父は、目の下にくっきりとクマができ...

目の下にドンヨリ現れるクマは、本当に嫌な存在ですよね。疲れた時に鏡を見ると、ゲッソリと黒くなっていたり、睡眠不足だった翌朝にはパンダのように黒ずんでいたり、私も年齢を重ねるとともにどんどん目の下にトラブルを抱えやすくなってしまいましたね。できやすい人もいればできにくい人もいるので、体質という要素があるのかもしれませんが、体内環境を改善することによって、クマを作りにくい体質を作ることは可能ですよ。特...

目の下がドンヨリするクマのトラブルにはいろいろな原因がありますし、種類も複数ありますよね。このうち、茶色っぽい色素沈着になっていて、睡眠時間を増やしたぐらいでは消えてくれないものは、刺激や摩擦などによってメラニン色素が大量に作られてしまい、それが目の下に沈着している状態ですね。日焼けやシミと同じメカニズムで黒ずみが作られているので、解消するためにはとにかくメラニン色素を撃退するための美白成分が必要...

目の下に黒い影のようなクマができる場合には、皮膚がたるむという老化現象が主な原因ですよ。若い時には誰も皮膚がたるむことは少ないのですが、年齢を重ねるにつれて筋量が低下して皮膚はたるみやすくなりますし、肌の内側でコラーゲン生成量などが低下するために、一つ一つの細胞の弾力が失われて、肌がたるみやすくなってしまうんですね。40代半ばの私は、まだこのタイプのたるみは起こっていませんが、70代の父はすでにか...

若い時には一つ一つの肌細胞がプックリと水分や弾力を持っているので、寝不足や極度のストレスなどを感じない限りは目の下にクマができて困るなんてことは少ないですが、年齢を重ねると誰でも肌に様々なトラブルが現れやすくなりますし、体質や肌質なども変化するため、トラブルが起こりやすくなってしまいますよね。その中でも目の下にくっきりと影のようなクマができてしまうと、見た目が疲れているように見えてしまいますし、老...

目の下にクマができると言っても、どんな原因でできるのかは個人差がありますよね。疲れたり寝不足だったりすることで現れるのは、血行不良が原因のどす黒いタイプの青グマと呼ばれるものです。これは、疲れたりストレスを感じるなどして血液中に活性酸素が作られてしまうと、それが血行不良の原因となり、皮膚が薄い目の下の部分は血管が透けて見えてしまうというメカニズムで起こりますよ。血液の流れが良くないことが原因で起こ...


TOPへ