目の下の茶色いクマはメラニン色素が原因

目の下がドンヨリするクマのトラブルにはいろいろな原因がありますし、種類も複数ありますよね。

 

このうち、茶色っぽい色素沈着になっていて、睡眠時間を増やしたぐらいでは消えてくれないものは、刺激や摩擦などによってメラニン色素が大量に作られてしまい、それが目の下に沈着している状態ですね。

 

茶クマ 

 

日焼けやシミと同じメカニズムで黒ずみが作られているので、解消するためにはとにかくメラニン色素を撃退するための美白成分が必要ですし、肌のターンオーバーを促進してできるだけ早く古くなった細胞を排出してあげる工夫も必要ですね。

 

美白ケアというと、スキンケアやサプリメント、そして紫外線対策などをイメージする人は多いものですよね。

 

実際にこれらの対策方法はとても重要ですし、怠るとメラニンによる被害がどんどん拡大するので注意しなければいけません。

 

私が子供の頃には、夏になると小麦色の肌になることが良しとされていたので、毎年無防備な日焼けをしていましたね。

 

目の下のクマ 

 

それが大人になってからシミとか黒ずみという形で表れてしまっているのですよ。

 

メラニンの怖い所は、今受けた紫外線のダメージが数年後に肌の表面に浮上してくるという点ですね。

 

つまり、今現在、目の下がドンヨリと茶色くくすんでいるのは、数年前のダメージと言っても過言ではないと思いますね。

茶クマには肌のターンオーバーを促進してくれる食べ物がおすすめ

茶色いくすみを改善するためには、肌のターンオーバーを促進してくれる食べ物を積極的に食べるのがおすすめですよ。

 

野菜なら人参が良いですし、フルーツならビタミンCがたっぷり含まれているレモンやイチゴ、アボガドなどがおすすめですね。

 

目の下のクマ 

 

その他、マグロやウナギなどのお魚、レバーなどのお肉、卵も肌のターンオーバーを促進する作用があるので良いですね。

 

これらの食品にはたくさんのビタミンがバランスよく入っているので、普段の食生活では野菜とかフルーツを積極的に食べる習慣をつけると良いでしょう。

 

野菜やフルーツは、生食するのが健康にも美容にも良いと言われていますよね。

 

それはもちろん正しいことなのですが、生食することによって体が冷えてしまうリスクがあるので、その辺は工夫しながら食べたいですね。


TOPへ