目の下の黒いクマはエイジングのサイン

目の下に黒い影のようなクマができる場合には、皮膚がたるむという老化現象が主な原因ですよ。

 

目の下のクマ 

 

若い時には誰も皮膚がたるむことは少ないのですが、年齢を重ねるにつれて筋量が低下して皮膚はたるみやすくなりますし、肌の内側でコラーゲン生成量などが低下するために、一つ一つの細胞の弾力が失われて、肌がたるみやすくなってしまうんですね。

 

40代半ばの私は、まだこのタイプのたるみは起こっていませんが、70代の父はすでにかなりのたるみで目の下に大きな影ができているので、もしかしたら私自身にもこれから起こるトラブルなのかもしれませんね。

 

このタイプの目の下のクマは老化現象が原因なので、改善するためにはエイジングケアに取り組むのがベストですよ。

 

普段の食べ物なら抗酸化作用がある食べ物がおすすめで、ビタミンをたっぷり含んでいるほうれん草やカボチャ、キュウリ、レモン、オレンジなどたくさんありますよ。

 

玉ねぎやブロッコリーも有効ですし、納豆も良いですね。

 

目の下のクマ 

 

抗酸化作用のある成分はたくさんあり、それを含む食べ物も豊富ですよ。

 

普段の生活で日常的に食べることができるものが多いので、バランスよくいろいろな食材を食べるのが良いでしょう。

 

これらの野菜は、生食しても加熱調理しても栄養成分が壊れないものが多いですが、生食ばかりにこだわると体が冷えてしまうので、バランスよく生食の後には温かいスープや煮物などを食べて体が冷えすぎないように気を付けてくださいね。

目の下のクマにパックをするのも効果的

抗酸化成分が入っているキュウリやレモン、オレンジなどは、パックとして目の下のクマが気になる部分に置くという改善方法もありますね。

 

目の下のクマ 

 

ただし、レモンやオレンジなどの酸味が強いものは、皮膚をピーリングする作用があるので、やりすぎには注意してくださいね。

 

また、パックの後に紫外線を浴びてしまうと、そこから色素沈着のトラブルが起こるリスクが高くなってしまうので、パックの後はきちんと洗い流して、日焼け止めを塗ってから外出したほうが良いと思いますよ。

 

私はキュウリのパックをするのがもともと大好きで、自宅でも目が疲れている時などにはキュウリを斜めに切って目の周辺を覆うように置いてパックを楽しんでいますよ。

 

スーッとして気持ちが良いですし、ビタミン成分の作用によってパックの後には肌が元気になるような気がしますね。

 


TOPへ