新陳代謝と目の下のクマの関係とは?

目の下にできてしまうクマにはいくつかの種類がありますよ。

 

目の下のクマ 

 

その中でも、肌細胞の内側にメラニン色素がたまっていることが原因でクマとなっている場合には、新陳代謝を活性化することによって、すっきりと気になる目の下のトラブルを改善することができると思いますよ。

 

メラニン色素というのは、肌の内側の細胞にできるダメージで、分かりやすい所では日焼けが思い当たるのではないでしょうか。

 

他にも、シミとかそばかす、肌のくすみなどはメラニン色素が関係しているものなのですが、肌の表面近くにできるメラニン色素もあれば、内側の深い部分にできるメラニン色素などもあり、千差万別ですね。

 

メラニン 

 

スクラブやピーリングなどをすれば、肌表面の近くにあるメラニン色素を含む肌細胞を取り除くことはできますが、色素沈着のようになっている肌の内側にあるメラニン色素を含む細胞までは取ることができませんね。

 

奥深くにたまっているメラニン色素をなくすためには、肌のターンオーバーを促進して、古い細胞を垢として排除しやすい肌環境を作ることが必要ですよ。

 

肌のターンオーバーというのは新陳代謝のことで、睡眠時間をたっぷり確保すれば誰でも簡単に今すぐに始めることができる便利な方法ですよね。

 

睡眠 

 

たっぷり眠れば疲れやストレスなども解消できるので、血行不良によるクマにも効果が期待できますし、新陳代謝が活発になれば肌質がどんどん改善されて、アラサーとかアラフォーでもモチモチの美肌を手に入れることができると思いますね。

どのぐらいで色素沈着が改善できるのか?

肌のターンオーバーによって、肌表面近くにある古い細胞は垢として剥がれ落ちますし、内側からどんどん新しい細胞が作られるので、遅かれ早かれメラニン色素を含むダメージ細胞は排出されていきますよ。

 

ターンオーバー 

 

しかし、今後新しく色素沈着を作らないように、メイクや生活習慣などを見直すことも、目の下に色素沈着系クマができている人にとっては大きな課題だと思いますね。

 

目の周辺をゴシゴシこすったりするのはNGですし、アイメイクなどもできるだけ肌に負担をかけないように気を付けて、一日の最後にはメイクを残さないようにきちんと落としてあげることも、クマ予防策や改善策になりますよ。


TOPへ