美白成分で茶クマの原因となるメラニンを撃退!

目の下にできるクマにはいろいろな原因がありますが、その中でもメラニン色素によって色素沈着となっているタイプの茶色っぽいクマで悩んでいる場合には、美白系のスキンケアで肌のお手入れをしてあげれば、時間はかかりますがスッキリ改善することができますよ。

 

目の下のクマ 

 

メラニンによる色素沈着トラブルは、目の下のくすみやドンヨリした感じだけでなく、シミなどもありますし、これらは美白成分がたっぷり入ったスキンケアを続けることによって、少しずつ改善することができますよ。

 

美白作用を持つ成分には、ビタミンCやアルブチンなどいろいろな種類がありますが、数ある美白成分の中でも圧倒的な作用の強さを誇るのは、漂白成分という異名を持つハイドロキノンではないでしょうか。

 

美白 

 

ハイドロキノンは少し前までは厚生省に認可されていない成分でしたが、現在では認可されているので、美白系のスキンケアブランドなどに入っていますし、皮膚科に行くと濃度が高めのものをお薬として処方してもらうことができますよ。

 

ハイドロキノンは使い方に気を付けないとクマには逆効果!?

ハイドロキノンは、作用が強いですが肌への刺激も強いという特徴があるので、私のように敏感肌の人にとっては、肌との相性と考えながら濃度の微調整が必要となりますね。

 

また、塗った後には紫外線に当たるのはNGなので、夜寝る前のお手入れにしか使えませんよ。

 

紫外線 

 

外出前にハイドロキノンを塗ってしまうと、そこに紫外線が当たって黒ずみや色素沈着の原因になるので、気を付けなければいけないのですね。

 

厚生労働省がこの美白成分を解禁にしてからは、たくさんのブランドがハイドロキノン入りのスキンケアシリーズをラインナップさせていますが、こうしたスキンケア商品に入っているものは、新安定型ハイドロキノンとかキューソーム化ハイドロキノンなど、肌への刺激がマイルドになったものが使われていたり、日に当たるとNGという副作用も改善されたものになっていますよ。

 

目の下のクマ 

 

私はまだハイドロキノン入りのスキンケアを使ったことがないのですが、とても興味があるので、そのうち使ってみたいなと思っていますね。

 

毎日のスキンケアで、茶色くなった目の下のクマをスッキリ改善できるほか、クマ予防の方法としても使えますね。


TOPへ