目の下にできるたるみが影を作ることでクマになることもある

年齢を重ねると、誰でも肌のハリがなくなり、たるみやすくなりますよね。

 

40代に突入した私は、そのことを身をもって実感しているのですが、毎日少しずつ肌がたるむのは、日常生活の中では気づきにくいものですね。

 

目の下のクマ 

 

そしてある日突然、「なんとなく私、老けたような気がする」と自覚するわけですね。

 

私はまだ肌のたるみが目の下にクマのような影を作っているわけではありませんが、70代の私の父は、目の下にくっきりとクマができていますよ。

 

これは、決して寝不足とか色素沈着というわけではなく、皮膚のたるみなのですよね。

 

しかも、父は若い時から目元がぷっくりとしていて可愛い感じだったのですが、そのプックリしていた部分の皮膚がたるんでしまったことによって、黒くはっきりとしたクマとなってしまったような気がしますね。

 

目の下のクマ 

 

このタイプの肌トラブルは、老化現象によって引き起こされているものなので、自分自身ではどうすることもできませんよ。

 

できることと言えば、皮膚のたるみが影を作らないように、せっせと表情筋を鍛えるリフトアップをする事ぐらいではないでしょうか。

 

あまりにも垂れてしまった皮膚だと、エクササイズやスキンケアなどでは元通りに戻らないかもしれませんが、普段のスキンケアなどでできるだけ肌に弾力を与えてピンとしてくれるようなお手入れをしていれば、たるみ予防や改善策としては有効だと思いますね。

目の下のたるみを改善できるスキンケアの選び方

目の下に影ができてしまう場合には、自分では皮膚がたるんでいるという自覚はなくても、おそらくたるんでいるのだと思いますよ。

 

目のたるみ 

 

そこで、エイジングケア用のスキンケアを使って、一つ一つの肌細胞に弾力やハリを与えてあげるお手入れをおすすめしますね。

 

配合されていると良い成分は、コラーゲンやセラミドなどですね。

 

コラーゲン 

 

コラーゲンは言わずしれた弾力成分として知られていますが、セラミドは保湿成分で、あまり弾力効果は注目されていませんよね。

 

セラミド 

 

セラミドは、細胞の間を水分で埋めてくれるので、肌全体のハリを取り戻すことができたり、ふっくらみずみずしい肌へと近づけてくれる効果が期待できますよ。

 

毎日のお手入れで肌をリフトアップすれば、気になる目の下のクマを少しずつ目立たなくできると思いますよ。


TOPへ