目の下のクマはクリニックで治療できます

健康保険が効かないので施術を受けるにはまとまった費用が必要になるものの、見た目が気に入らないという理由で外見を変えることができる美容整形クリニックは、毎年たくさんの人が審美目的の施術や治療を受けるために足を運びますよね。

 

美容整形 

 

クリニックでどんな施術をしているのかはケースバイケースですが、目の下の気になるクマも、美容整形で治すことができますよ。

 

どんな種類でどのぐらいの状態なのかによって治療方法は異なるので、自分でリサーチをして「この方法で治したい!」と思っても、自分の状態が必ずしもその方法で満足できる効果を得られるというわけではありませんよ。

 

美容整形 

 

リサーチすることはもちろん大切なのですが、リサーチをする際にはあくまでも情報収集にとどめておき、実際には医師の診察やカウンセリングを受けた上で、どんな治療方法があって、どんな効果が期待できるのかという点を煮詰めていくことをおすすめしますね。

まずは自分の目の下のクマの種類を見極めよう

クリニックに行くと、自分の目の下にできているクマがどんな種類でどんな原因でできているものなのかをまず診断しますよ。

 

目の下のクマ 

 

この部分なら、自分でもある程度見当をつけることができるのではないでしょうか。

 

クマには血行不良で起こる青っぽいタイプのものと、メラニンによる色素沈着が原因の茶色っぽいタイプ、そして皮膚のたるみが原因の黒い影タイプとがありますね。

 

鏡を見て、目尻を引っ張ってみたり、ファンデーションで隠れるかどうかなどいくつかのチェックをした上で、自分の目の下がどんなタイプのトラブルなのかを見極めると良いでしょう。

 

まず、目尻を軽く横に引っ張ってみてください。

 

目尻 

 

引っ張っても全く変化がなければ、それは色素沈着による茶色タイプのものである可能性が高いですね。

 

この場合、肌の内側にメラニン色素が沈着しているので、ファンデーションやコンシーラーなどで隠すお手入れ方法が必要となりますよ。

 

一方、目尻を引っ張ると薄くなるけれど、ファンデーションを塗っても変わらないという場合には、皮膚のたるみによる黒い影タイプとなりますね。

 

目の下のクマ 

 

また、ファンデーションで隠すことができ、目尻を引っ張るとクマが薄くなる場合には、血行不良によって起こる青いクマと言えますよ。

 

ちなみに、私の場合には青いタイプと自己診断で知ることができましたよ!


TOPへ