目の下の黒クマを取る!半永久的に効果が続く施術法

皮膚のたるみによって目の下に黒い影ができているタイプのクマは、美容整形によって皮膚のたるみを改善することができれば影も消えるので、満足できる仕上がりが期待できますよ。

 

目の下のクマ 

 

私の周囲でメスを使って黒いクマを改善したという人はまだいませんが、もしも私が将来、メイクでも隠すことができないドンヨリした影が目の下に定着するようになったとしたら、きっと気になるしメイクでも隠せないので美容整形の力に頼るかもしれないなと思いますね。

 

施術方法はいくつかあり、メスを入れる方法と入れない方法とがありますが、メスを入れてたるんだ皮膚を引っ張る方法の方が、効果は半永久的に持続すると思うので、何度も施術を受けたくない人にはメスを使った施術がおすすめですね。

メスを入れるのは裏なので傷跡も残らず安心!

メスを入れて目の下のクマを改善する施術方法には、経結膜脱脂法と経結膜的眼窩脂肪移動術とがありますよ。

 

経結膜脱脂法というのは、瞼の裏にメスを入れて内側にたまっている脂肪を取り出して影を作らないようにするという方法で、皮膚の表面には傷跡は残りませんし、メイクも翌日からできるので、お仕事を何日も休む必要がありませんよ。

 

美容整形 

 

この点は、仕事をしている人にとっては大きな安心感ではないでしょうか。

 

一方、経結膜的眼窩脂肪移動術は、経結膜的ハムラ法と呼ばれることもある施術なのですが、脂肪を取り除くのではなくて、脂肪を影の部分に移動してあげることによってフラットな仕上がりになるという施術方法ですよ。

 

この施術方法もメスを入れるのは瞼の内側なので、表に傷跡が残ってしまう心配はありませんね。

 

この2つの施術方法は、仕上がりが微妙に異なりますよ。

 

全体的にふっくらとした感じを残したい人なら、脂肪を取らずに移動する方法が良いでしょうし、見た目をスッキリしたければ脂肪を取ってしまう方法が良いかもしれませんね。

 

美容整形 

 

こうした部分についての相談は、美容整形のクリニックで最初に医師ときちんとカウンセリングしてもらえるので、わからない点はどんどん質問して、納得してから施術に臨むことができますよ。

 

私も将来は受けてみたいなと考えている施術なので、目の下の黒い影が気になる人はぜひチェックしてみてくださいね。


TOPへ