目の下のクマは美容整形でレーザー治療できる?

メラニンによる色素沈着を改善してくれる施術方法

私が実際に受けたことのある美容整形施術と言えば、レーザーを使ったシミ取りなのですが、メラニン色素が原因の色素沈着なら、シミもそばかすも、また目の下の黒ずみやクマなども改善することができますよ。

 

レーザー 

 

目のすぐそばだとなんとなくレーザーを照射されるのが怖いのですが、経験豊富なベテラン医師に依頼すれば、トラブルなくさっと施術してもらうことができると思いますね。

 

美容整形におけるレーザー治療は、多種多様なレーザー機器が採用されていますが、それぞれ周波や波長が異なるという特徴がありますよ。

 

レーザーなら何を使ってもOKというわけではありません。目の下にできているクマのような色素沈着に対して有効なのは、Qスイッチルビーレーザーやヤグレーザーなどで、茶色っぽいメラニン色素に対して効率的に反応できるので、これらが施術に使われることが多いですね。

 

私が以前に美容整形クリニックでシミ除去の施術を受けた時には、ヤグレーザーが使われましたよ。

目の下のクマを消すのにレーザーは痛い?

レーザーを照射すると、肌の内側に潜んでいるメラニン色素が反応します。

 

目の下のクマ 

 

その際には熱が発生するので、施術を受けている時にはそれなりの痛みを感じますね。

 

ただし、美容整形クリニックでは痛みへの対応も心得ていて、レーザー治療の際には冷却ジェルを塗って痛みを感じにくくしてくれたり、クリニックの中には皮膚麻酔を使ってくれる所もありますよ。

 

それに、痛みに強くない人なら、レーザー照射のレベルを低く抑えることができるので、痛くない施術を受けることができますね。

 

ただし、出力レベルを低くすると、照射の強さが弱くなってしまうので、反応するメラニン色素が少なくなってしまいますね。

 

照射するのは一瞬なので、できるだけ踏ん張って我慢した方が、少ない回数の施術で目の下のクマがスッキリなくなるので、結果的には満足度は高くなると思いますね。

 

目の下のクマ 

 

施術を受けた後には、紫外線を浴びないように肌色のテープを貼って1週間ほど過ごすことになりますが、その後は今までのクマが嘘だったかのように、きれいに改善できますよ!

 

1週間ぐらいテープを貼って生活できる人で、今すぐに目の下のくすみを改善したい人には、ぜひおすすめの方法だと思いますね。


関連ページ

目の下のクマは美容整形で治せる?
目の下のクマは美容整形でも治すことが可能です。その方法は様々なものがあり、方法によって費用も変わってくるので、まずはしっかりリサーチしましょう。そして何より大切なのが、きちんとカウンセリングをしてくれる信頼できるクリニックを選ぶことですよ。
目の下の黒クマを美容整形で改善するには?
目の下の黒クマは目のたるみが原因と言われています。目のたるみそのものを取ることができればクマは改善します。目のたるみを取る方法はいくつかありますが、今回はメスを使った美容整形による方法をご紹介します。もちろん目元に傷跡が残らない方法ですよ。
目の下の黒クマをメスを使わずに整形するには?
目の下の黒クマを美容整形するのに、メスを使わない施術方法もあります。この場合、注射器を使った治療になるのですが、メスを使わない分、簡単にできる代わりに効果が半永久ではありません。定期的にずっと治療を続けなれば効果を保てないというデメリットがあります。
目の下のクマに効果的なのはヤグレーザーピーリング
目の下のクマを美容整形のレーザー治療で治すなら、ヤグレーザーピーリングが効果的だと言われています。お肌のターンオーバーを促進してくれる働きがあるので、クマの治療にとても期待できるのですが、この施術をやっているクリニックは限られているようです。
目の下のクマが取れる!ライムライトとは?
目の下のクマを取るのに日本人に合わせた美容整形の施術があるってご存知でしたか?ライムライトという光治療美容器を使うので、目元にメスを入れることも無く安心です。1回の治療で目の下のクマは消えませんが、続けていくうちにお肌が変わってきますよ♪
目の下のクマをPRP注入で改善するには?
目の下のクマを解消する方法で、メスを使わない美容形成にPRP療法があります。これは自分の血液を採取して、血小板のみを使ってお肌を再生する方法なので、副作用の心配がありません。他人の血液や異物を入れるわけではないので、とても安全性の高い方法なんですね。
目の下のクマをケミカルピーリングで取る!
目の下のクマを解消する方法でケミカルピーリングがあります。最近は自宅でも自分で簡単なケミカルピーリングができるようになりましたが、やはり美容整形で受ける方が本格的で効果も高いと思います。ただし効果が期待できる分、デメリットもあるので注意しましょう。

 
HOME 目の下のクマを予防する 目の下のクマを改善する 目の下のクマに効果的なもの