種類によってはなかなか改善できない目の下のクマ

目の下がドンヨリ黒ずんでいると、見た目の印象が悪くなりますし、見た目年齢も老けてしまいますよね。

 

目の下のクマ 

 

私自身、若い時にはほとんど目の下にトラブルが起こったことはほとんどなかったのですが、年齢を重ねてからは、割と頻繁にトラブルが起こるようになってしまいました。

 

ただの睡眠不足ぐらいなら、クマができても一朝一夕で改善できますが、色素沈着や皮膚のたるみなどが原因で現れるものだと、なかなか消すことは難しいですよね。

 

だから、普段から目の下がドンヨリしないための工夫とかお手入れが必要だと思いますよ。

 

ドラッグストアとか薬局などに行くと、目の周りの黒ずみを改善してくれる専用のシートパックなどが販売されていますよね。

 

 

例えば遠赤外線で肌を温める作用があるものなら、目の周りの血行を良くしてくれる効果が期待できるので、寝不足とか疲れなどが原因で血行不良になっているタイプのクマに対しては、おすすめですね。

 

色素沈着のように茶色く定着してしまっているくすみに対しては、保温タイプのシートパックの効果はほとんどありませんが、肌のターンオーバーを促進することはできるので、少しずつ新陳代謝によってくすみを改善することはできると思いますよ。

 

ただし、時間がかなりかかるので、今すぐにドンヨリした見た目を改善したいのなら、トラブルの種類に合わせて適切なパックとか改善方法を講じることをおすすめしますね。

茶クマやくすみには美白パックがおすすめ

目の下が茶色く色素沈着になっている場合には、保温タイプよりも美白成分が入ったものの方が有効ですよ。

 

ノンクマ 

 

美白成分が入っていると、肌の内側に有効成分が浸透してメラニン色素を撃退してくれるので、茶色っぽさを少しずつ改善することができます。

 

パックに入っている美白成分には、ビタミンC誘導体やアルブチンなどがおすすめですよ。

 

目の下のクマ専用に作られているパックは、形が顔のカーブにフィットしていて使いやすいですし、大きさもちょうど良いサイズになっているのでサッと取り出して使いやすいですよね。

 

もしも専用のものを使いたいけれど、美白成分が入っていないという場合には、ハイドロキノンみたいな強力な美白クリームを皮膚科で処方してもらい、それをくすみが気になる部分に塗ったうえで保温パックをつけてあげるという方法もアリだと思いますよ。


TOPへ