知名度が高いピップエレキバンの役割

テレビCMなどでもおなじみのピップエレキバンは、私が子供のころから大人たちが肩に張ったりして利用していた医薬品で、子供だった私にとっては「肩が凝りやすい中年たちの勲章」のような存在でしたね。

 

 

ロングセラーの医薬品なので、商品名は多くの人が知っていると思いますが、どんなメカニズムで何をどう改善できるのかということまで理解している人は、意外と少ないかもしれませんね。

 

私自身は、大人になって自分の肩こりがひどくなってから初めて、ピップエレキバンを使ってみようかなという気になり、その時にどんな風に肩こりを解消してくれるのかをリサーチして知ったほどですよ。

 

このお薬は丸い形をして皮膚に貼るシールのようなもので、皮膚と触れる部分には磁石のようなものが貼ってあります。

 

磁力の力で筋肉のコリをほぐし、血行を良くするというのがピップエレキバンのメカニズムというわけですね。

 

磁力 

 

目の下の部分で血行の流れが良くないと、クマになってしまうわけですから、そう考えるとピップエレキバンを貼れば筋肉のコリがほぐれて血行も良くなってくれると考えることができますよね。

目の下のクマ対策に実際に貼ってみました

目の下のクマ

私は何事に関しても即効性があるものが大好きで、もしかしたらピップエレキバンを使えばクマを一朝一夕に改善できるかもしれないと思い、実際に貼ってみましたよ。

 

目の周辺のトラブルだから、くすんでいる部分に直接貼ればよいのかなという気がしましたが、友人から首に貼った方が効果が大きいということを教えてもらい、首の後ろにあるリンパのツボみたいなところに貼りました。

 

リンパのツボは、指の腹でグリグリと押すと鈍い痛みを感じる部分で、目の下にクマができやすい人は血行が悪くなっていることが多いので、押すと痛いので見つけやすいと思いますよ。

 

目の下のクマ

目の下に直接貼るのではなくて首の後ろに貼るので、ヘアスタイルによっては仕事の前にピップエレキバンを貼ってそのまま通勤するのもアリですね。

 

気になるクマ改善効果ですが、確かにありました!

 

顔のトラブルは首からやってくるから治療も首ですると良く耳にしますが、血行を良くするという点に関しては首の血行を良くすることによって確かに顔の血行も良くなりましたよ。

 

ちなみにピップエレキバンは顔に直接貼ってはいけないようなので、お気を付け下さい☆


TOPへ