目の下のクマにも効く!?漢方薬は東洋の民間療法

漢方薬はもともと中国で誕生した民間医療ですよね。

 

目の下のクマ 

 

民間医療にはいろいろな種類が世界中にあり、私たちが良く知っている所だとヨーロッパの民間医療として知られているアロマセラピーなどがありますね。

 

漢方は東洋医学の考え方に基づいていて、体質を改善することによって体内の不調を体自身で良くしていくことを目的としているのが特徴ですよ。

 

西洋医学では、不快な症状を薬の力によって抑えることで、不快さをなくすという考えに基づいているので、根本的な考え方というかトラブルに対する取り組み方が異なっていますね。

 

この漢方には、目の下のクマを改善する効果を持つ種類もあることはご存知ですか?

 

漢方 

 

西洋医学の考え方に基づくと、目の下のドンヨリした部分を改善するために美白成分を与えたり、皮膚のたるみを阻止するために細胞を膨張させる成分を与えるなどの対策を講じることになりますが、東洋医学の場合には、新陳代謝や血行を良くすることによって、くすみにくい肌質へと改善するという取り組み方となるわけですね。

目の下のクマ対策には血行促進作用のあるものがおすすめ

目の下がドンヨリ黒ずんでしまう原因はいろいろありますが、その中でも血行が悪くなることによって起こる青っぽいクマは多くの人が起こりやすいタイプですね。

 

漢方 

 

この場合には、血行促進作用を持つ婦宝当帰膠や補中丸、冠元顆粒などが効果的ですよ。

 

その他には、眼精疲労を解消できる杞菊地黄丸や、体温を上げることで基礎代謝をアップする効果を持つ参馬補腎丸や参茸補血丸もおすすめですね。

 

漢方薬は私が大好きな東洋医学なのですが、日本国内で購入する場合には健康保険が適用されないものが多いので、続けて飲もうとするとお値段がかかる傾向にありますね。

 

また、今起こっている症状をすぐに改善してくれるわけではなく、体質を改善することによって目の下がいつでもスッキリできる肌質や血流を目指すので、一朝一夕に慢性的な目の下のクマがなくなるわけではありませんよ。

 

目の下のクマ 

 

効果を得るまでには時間がかかることは、あらかじめ念頭に入れておいた方が良いと思いますね。

 

でも体質を変えることが期待できるので、飲み続けていればどんな時でも目の下がくすまない体質を手に入れることができますよ!


TOPへ