まずは目の下のクマの種類を見分けよう

目の下専用に作られているシートパックはたくさんありますよね。

 

主にクマを改善するためのものが多いのですが、目の下のクマと言っても血行不良が原因で青くなっているタイプもあれば、刺激や摩擦が原因で色素沈着になっている茶色いタイプもあります。

 

目の下のクマ 

 

それに、老化現象によって皮膚がたるんでしまい、目の下に暗い影を作って黒ずみのように見えているタイプもありますよね。

 

どんな種類なのかによって適切な改善方法は異なるので、まずは自分のトラブルを観察して、どのタイプなのかを把握することから始めましょうね。

目の下のクマ用シートパックは自分でアレンジするのもアリ

目の下専用のパックはいろいろありますが、赤外線効果で温めてくれるものを選べば、血行が良くなるので青いくすみを改善することができますよ。

 

 

しかし、このタイプでは色素沈着による茶色いくすみは改善できません。

 

色素沈着はメラニン色素によるものなので、このタイプのクマができている人は、美白成分が入ったシートパックを使うのがおすすめですね。

 

美白ケアをすることによって有効成分がメラニン色素を分解したり排出するサポートをしてくれるわけですが、このお手入れはたまにするのではなく毎日継続することがとても大切ですよね。

 

そこで、シートパックを選ぶ際には、できるだけリーズナブルなものを選ぶのが良いと思いますよ。

 

目の下のクマ 

 

また、毎日使うのはコスト的に厳しいという人は、シートパックの代わりに美白クリームなどを塗り、サランラップなどを肌に乗せて内側に浸透しやすい環境を作るというアレンジもおすすめですね。

 

シートパックは基本的に使い捨てなので、買うなら安いものを選ぶとか、自分でコットン綿で手作りするという方法も悪くないかもしれませんね。

目の下のクマはシートパックだけに頼らない!

慢性的にできる目の下のクマをシートパックだけですっきり改善することは、決して簡単なことではありませんよ。

 

目の下のクマ 

 

しかし、他の方法と併用したり、普段のスキンケアの延長としてお手入れを追加すれば、くすみを集中ケアしているという意識を持つことなく毎日楽しく続けやすいのではないでしょうか。

 

私がスキンケアをする時には、できるだけ簡単で続けやすい方法を見つけて、それを長く続けていますね。目の下のトラブルも、そうしたお手入れで予防や改善をしていけると思いますよ!


TOPへ