今すぐに目の下のクマを隠してくれる優秀なアイテム

私はあまり目の下にクマはできにくい体質だと思うのですが、友人の中には慢性的に目の下がドンヨリしている子がいたり、寝不足になると必ず目の下が真っ黒になってしまうという人もいますね。

 

目の下のクマ 

 

きっと、こうしたトラブルが起こりやすいかどうかは、体質的なことが関係しているのかもしれませんね。

 

家にいて外出したくなければ調整できる専業主婦の人なら、朝起きて鏡を見た時にクマがひどくても「今日は出かけるのを止めようかな」くらいで済むのかもしれませんね。

 

しかし、私のように仕事をしている主婦にとっては、目の下がどす黒いからと言って仕事を休むわけにはいきません。

 

それでも、見た目が悪い状態で出勤するのも抵抗がありますよね。

 

そんな時には、メイク用品の一つとして、コンシーラーを持っていると便利ですよ。

 

コンシーラーはファンデーションよりもしっかりと肌のトラブルをカバーしてくれる便利なアイテムで、部分用ファンデーションと呼ばれることもありますね。

 

コンシーラー 

 

リキッドタイプやスティックタイプなどいろいろな形状がありますが、何をどのぐらいの面積でカバーしたいかによってうまく使い分けることが重要です。

 

ファンデーションだと、薄付けにすれば肌の透明感を残すことはできますが、コンシーラーには全く透明感はないので、広い面積にたくさんつけてしまうと、顔が能面のようになってしまうかもしれませんよ。

 

だから、できるだけトラブルがある場所をピンポイントでつけてあげるようにして、塗る面積を小さく抑えることが必要ですね。

目の下のクマを隠すならコンシーラーは肌よりワントーン明るめがおすすめ

目の下のクマをカバーしてくれるコンシーラーを選ぶなら、肌のトーンよりも1トーン明るい色を選ぶのがおすすめですね。

 

コンシーラー 

 

皮膚のたるみによって影ができているタイプのものだとコンシーラーを使っても影を隠すことはできないので効果はありませんが、色素沈着タイプの茶色いタイプや、血行不良が原因の青いタイプのものには、コンシーラーを使うことでかなりカバーすることができますよ。

 

目の下を他の部分よりもワントーン明るくしてあげると、目元がぱっちりと明るく見える効果も期待できますし、全体的に華やかな印象を与えることもできますね。

 

私もこのメイクアイテムは家庭に常備していますし、仕事に持っていくコスメポーチの中にも入っていますよ。


TOPへ