目の下のクマをカバーするにはコンシーラーを活用しよう

しみやニキビ跡、肌のくすみなど肌にはたくさんのトラブルがあり、どんなトラブルで悩んでいるかは個人差がありますよね。

 

目の下のクマ 

 

そうした肌のトラブルをピンポイントで改善してくれる優秀なメイクアイテムの一つに、コンシーラーがあります。

 

コンシーラーはたくさんのブランドから多種多様な商品がラインナップされていて、テクスチャーや色、どのぐらい長持ちするか、またどんな部分に適しているかなどが異なりますよ。

 

目の下のクマで悩んでいる時にもコンシーラーは大活躍してくれますが、青っぽい感じなのか茶色い色素沈着なのかによって、どんなタイプを選ぶのが良いかが異なるので、悩みを改善してくれるピッタリのものを選びたいですね。

 

目の下のクマをカバーできるコンシーラーの色とは?

例えば、血行不良が原因で目の下が青く見えるタイプのドンヨリには、どす黒い青さとは対照的なオレンジ色やピーチ系の色のコンシーラーを選ぶのがおすすめですね。

 

目の下のクマ 

 

基本的にコンシーラーは自分の肌色およびファンデーションのトーンよりも1トーン明るい色を選ぶのが基本なのですが、オレンジとかピーチ系のものを選べば、血色がよく見える効果があるので、顔全体が華やかに見えると思いますよ。

 

メラニン色素が沈着している色素沈着タイプのクマの場合には、茶色っぽい色素沈着をマイルドにしてくれるイエローやピーチ系がおすすめですよ。

 

オレンジ色だとメラニンの茶色と同系色になってしまうので、逆にくすみをアピールすることにもなりかねません。

 

できるだけ茶色味を抑えた感じの色を使ったほうが良いでしょう。

コンシーラーはリキッドよりもスティックタイプがおすすめ

コンシーラーにはいろいろな形状がありますが、目の下という狭いエリアに使う場合には、スティックになっている固形タイプを選ぶのがおすすめですよ。

 

 

リキッドタイプだと、目の下全体に塗ってもなかなか色味が隠れずについつい厚塗りになってしまう可能性が大ですね。

 

目の下は特に他人からも良く見られている場所ですし、皮膚が薄くて透明感をアピールできる場所でもあるので、できるだけ厚塗りは避けてナチュラルに見えるメイクを工夫するのが良いでしょう。

 

私もバッグの中にはいつもコンシーラーを携帯して万が一の突然のクマなどに備えていますよ。


TOPへ